この記事を共有

世界の2人で遊べるトランプ5選

<はじめに>

トランプは大勢集まるパーティなどで遊ばれることが多いので、なんとなく人数が多くないと遊べないという印象があるかもしれません。でも実は友達と2人だけでも遊べるゲームがけっこうあります。

ここでは2人でできるトランプのゲームの種類を簡単にご紹介いたします。日本ではあまり馴染みがないものが多いですが、世界中で人気のあるものばかりです。

 

【クラバージャス(またはベラ)】

これはヨーロッパで人気のあるカードゲームです。ジャスはジャックのオランダ語になります。ハンガリーや世界中のユダヤ人コミュニティで特に人気があり、このゲームからフランスの国民的カードゲームであるベロテが生まれたともいわれています。基本的には、価値の高いカードでトリックを獲得してポイントを得るというトリックテイキングのゲームです。

 

【パテペパタ】

これはインドの家庭で昔から好まれているゲームです。カードが両方のプレイヤーに裏向きで均等に分配されます。その後プレイヤーはカードを高速で表向きに置き続けます。カードの強さにより、一方のプレイヤーがすべてのカードを獲得するか、もしくはプレイヤーがカードを使い果たして決着がつくまで繰り返されます。

 

【インディアンラミー】

インド全域で非常によくプレイされているラミーの一種でパプルとも呼ばれています。特に西インドのムンバイ近郊で盛んに遊ばれています。ゲームとしてはカードの組み合わせを特定の条件以上作ってだれよりも早くあがることが目的となります。2人でも遊べますが10人までの大人数でも遊べます。2人で遊ぶ場合は52枚のトランプにジョーカーを加えた物を2組、106枚使用します。もし7人以上の場合は3組必要です。

 

【べジーク】

起源は19世紀のフランスにまで遡ります。ヨーロッパ全土でヒットした後、アメリカにも広まりました。イギリスでは今でも広くプレイされています。基本的にはトリックを獲得して役を作り、より多くの点数をとるというトリックテイキングゲームです。山札から引いてきたカードによる点数がかなり大きく、麻雀のように役をつくるゲームとなっています。遊び方としては、まずトランプは2から6までのカードを除いた残り32枚のものを2組使います。ディーラーは相手から先にカード配り、持札を8枚ずつにします。残りのカードは山札としていちばん上の1枚をめくり、これと同じマークが切り札になります。ディーラーの相手から先に持札のうち1枚を出してプレイ開始です。カードのランクは切り札が最高で次に「A」「10」「K」「Q」「J」「9」「8」「7」の順となります。プレイで勝った者は山札をめくる前に次の組み合わせがあったら場に披露して得点することができます。プレイ1回ごとに山札から1枚ずつ取って持札を補充していきます。組み合わせとプレイの得点を合計して先に1500点に達したほうが勝ちとなります。

 

【52ピックアップ】

このゲームはほとんどジョークといっても良いような可愛らしいゲームです。このゲームをプレイしたことがない人や幼い子供と一度だけプレイすることができます。遊び方としては、まず「52ピックアップゲームする?」といって相手が返事をしたら神妙な面持ちで52枚のトランプをシャッフルします。10数えたらすべてのカードを空中に放り投げて、プレイヤーにそれを拾わせます。相手が「えーこんなのゲームじゃない!」といったらそれが成功です。ドッキリのようなおふざけのようなゲームとなります。

 

<まとめ>

いかがでしたか?簡単ではありましたが世界で遊ばれている2人で遊べるトランプのゲームをご紹介しました。聞いたことのあるものはありましたでしょうか。トランプのセットさえあれば遊ぶことができますし、Wi-Fiが繋がらない時なんかには救世主となってくれるかもしれませんね!

 

<h1>世界の2人で遊べるトランプ5選<h1>

 

<はじめに>

トランプは大勢集まるパーティなどで遊ばれることが多いので、なんとなく人数が多くないと遊べないという印象があるかもしれません。でも実は友達と2人だけでも遊べるゲームがけっこうあります。

ここでは2人でできるトランプ  のゲームの種類を簡単にご紹介いたします。日本ではあまり馴染みがないものが多いですが、世界中で人気のあるものばかりです。

 

【クラバージャス(またはベラ)】

これはヨーロッパで人気のあるカードゲームです。ジャスはジャックのオランダ語になります。ハンガリーや世界中のユダヤ人コミュニティで特に人気があり、このゲームからフランスの国民的カードゲームであるベロテが生まれたともいわれています。基本的には、価値の高いカードでトリックを獲得してポイントを得るというトリックテイキングのゲームです。

 

【パテペパタ】

これはインドの家庭で昔から好まれているゲームです。カードが両方のプレイヤーに裏向きで均等に分配されます。その後プレイヤーはカードを高速で表向きに置き続けます。カードの強さにより、一方のプレイヤーがすべてのカードを獲得するか、もしくはプレイヤーがカードを使い果たして決着がつくまで繰り返されます。

 

【インディアンラミー】

インド全域で非常によくプレイされているラミーの一種でパプルとも呼ばれています。特に西インドのムンバイ近郊で盛んに遊ばれています。ゲームとしてはカードの組み合わせを特定の条件以上作ってだれよりも早くあがることが目的となります。2人でも遊べますが10人までの大人数でも遊べます。2人で遊ぶ場合は52枚のトランプにジョーカーを加えた物を2組、106枚使用します。もし7人以上の場合は3組必要です。

 

【べジーク】

起源は19世紀のフランスにまで遡ります。ヨーロッパ全土でヒットした後、アメリカにも広まりました。イギリスでは今でも広くプレイされています。基本的にはトリックを獲得して役を作り、より多くの点数をとるというトリックテイキングゲームです。山札から引いてきたカードによる点数がかなり大きく、麻雀のように役をつくるゲームとなっています。遊び方としては、まずトランプは2から6までのカードを除いた残り32枚のものを2組使います。ディーラーは相手から先にカード配り、持札を8枚ずつにします。残りのカードは山札としていちばん上の1枚をめくり、これと同じマークが切り札になります。ディーラーの相手から先に持札のうち1枚を出してプレイ開始です。カードのランクは切り札が最高で次に「A」「10」「K」「Q」「J」「9」「8」「7」の順となります。プレイで勝った者は山札をめくる前に次の組み合わせがあったら場に披露して得点することができます。プレイ1回ごとに山札から1枚ずつ取って持札を補充していきます。組み合わせとプレイの得点を合計して先に1500点に達したほうが勝ちとなります。

 

【52ピックアップ】

このゲームはほとんどジョークといっても良いような可愛らしいゲームです。このゲームをプレイしたことがない人や幼い子供と一度だけプレイすることができます。遊び方としては、まず「52ピックアップゲームする?」といって相手が返事をしたら神妙な面持ちで52枚のトランプをシャッフルします。10数えたらすべてのカードを空中に放り投げて、プレイヤーにそれを拾わせます。相手が「えーこんなのゲームじゃない!」といったらそれが成功です。ドッキリのようなおふざけのようなゲームとなります。

 

<まとめ>

いかがでしたか?簡単ではありましたが世界で遊ばれている2人で遊べるトランプのゲームをご紹介しました。聞いたことのあるものはありましたでしょうか。トランプのセットさえあれば遊ぶことができますし、Wi-Fiが繋がらない時なんかには救世主となってくれるかもしれませんね!

 

 

6 件のコメント

  1. 小林はサインもかっこいいんだよなあ・・・

    そらモテますわ。

    (1)(1)
  2. ルーキーでこの完成度を誇ると陰でどれくらいサインの練習してるのか気になってくるな

    (0)(0)
  3. 別に読売ファンじゃないけど、これはうらやましいw

    (0)(0)
  4. この色紙どこに売ってるんや

    (0)(0)
  5. Definitely, what a fantastic site and enlightening posts, I will bookmark your website.All the Best!

    (0)(0)
  6. Great remarkable things here. I am very happy to see your article. Thank you so much and i am having a look ahead to touch you. Will you kindly drop me a mail?

    (0)(0)

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">